一人暮らしの家具の費用は?いらない物はある?配置のコツは?

49801738_480x313

一人暮らしを始めるとなると、これから始まる新生活に胸が躍りますよね。
ですが同時に、準備も色々と大変ですし、不安になってしまうことも多いでしょう。

例えば、一人暮らしの家具の費用はどのくらいかかるものなのか、一体何を揃えれば良いのか・・・
いらない物はできるだけ省きたいし、配置もこだわって、うまくインテリアコーディネートを仕上げたい。
そんな風に張り切っているけれど、空回りしてしまっている方もいるのではないでしょうか?

そこで、そんな一人暮らしを始める際の家具に関する情報を紹介していきます。

スポンサードリンク

一人暮らしの家具☆費用は?

まずは一人暮らしの家具に費用がどの程度かかるのか、というのが気になる点ですよね。
これは、どこのお店でどの程度の家具を購入するのか、によって費用が大きく左右されてきます。
必要最低限のものだけを購入するとしても、高級な家具ばかりで揃えれば何十万という金額になることもありますね。

ですが、一般的なホームセンターで、購入しやすい価格帯のものばかりを選んで揃えた場合には、そんなに家具代がかかるということはありません。

例えば、ちょっとしたテーブルやベッド、チェスト、テレビ台などを揃える程度であれば、2~3万円の費用で十分でしょう。
さらに本格的にテーブルとイスなどを揃えると、かなり費用が高くついてきます。
ただ、一人暮らしで、毎日の食事も1人で食べるだけ、というのであれば、小さなこたつ机などが1つあるだけでも良いので、テーブル等にお金をかける必要はないでしょう。

できるだけ節約して一人暮らしの家具を揃えたいのであれば、リーズナブルなホームセンターやリサイクルショップを活用します。
そういった工夫をすれば、意外とお金をかけずに、しっかり準備することができますね。

一人暮らしの家具☆いらない物とは?

初めての一人暮らしに張り切りすぎて、あれこれいらない物まで買ってしまうというのはよくある話です。
ですが、これから生活するのにもお金がかかるわけですから、不要なものはできるだけ省くようにしたいですよね。

では、一人暮らしの家具でいらない物としては、どういったものが挙げられるでしょうか?

スポンサードリンク

まず、1つ目がソファですね。
ソファは場所をとるので、例えばワンルームなどの部屋には邪魔になってしまいます。
どうしても居心地よく座れる場所を確保したいのであれば、座椅子などを用いると、よりコンパクトで便利でしょう。

それから、食卓も不要な場合が多いですね。
食卓とイスを置ける部屋というと、かなりの広さが必要です。
狭いマンションやアパートに食卓とイスを置くと、かえって狭さが増して居心地が悪くなってしまうので気を付けましょう。

また、ベッドに関してもいらない物と感じる方もいます。
特にワンルームマンションなどの場合は、ベッドが部屋の大半を占めてしまい、邪魔になることもあるのです。
布団は敷布団で、毎回上げ下げした方が部屋の空間を有効に活用できる、という方も多いですね。

これらが必要かいらないか、というのは、それぞれのライフスタイルによって変わってきます。
自分の目指す生活において必要かどうか、事前にもう1度、よく確認してみてください。

一人暮らしの家具☆配置のコツは?

一人暮らし用のマンションなどの部屋は、狭いことが多いので、家具の配置は重要なポイントになります。
一人暮らしの家具を配置する際のコツとしては、まず家具の1つ1つを小さ目サイズで購入することです。
狭い部屋に大きなソファなどは不釣り合いですし、邪魔になるだけですね。

一人暮らしなら、小さなベッドやテーブルでも十分。
できるだけ小ぶりなものを用意して、配置しやすくしましょう。

それから、メインとなる家具を1つ定めるのもポイントです。
メインをテーブルにするなら、その周囲は小さな家具で揃えていけば、まとまりの良いコーディネートになります。

そして、家具の配置で大切なポイントになるのが収納です。
これが場所をとることになるので、チェストはクローゼット内に入れてしまったり、カラーボックスなどをテレビ台代わりにするなど、大型の収納は、あまり使用しないようにしたいですね。
隙間収納家具なども上手に活用してみると良いでしょう。

あるいは、ある程度広さのある部屋なら、大型の収納を利用して真ん中に間仕切りを作り、2つの部屋のようにしてしまう方法もあります。
ベッドのある空間を寝室として独立させると、落ち着いて眠りやすくなりますね。

まとめ

一人暮らしの家具の費用は、意外とリーズナブルに済みますし、いらない物も、実はけっこうあります。
必要最低限のもので揃えたシンプルな家で、家具をうまく配置して落ち着ける空間を演出し、自分だけの城を築いてしまいましょう!
友人が訪ねてくることもあるでしょうから、そんな時にも恥ずかしい思いをすることなく、気軽に上がってもらえる家にしたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です