夏バテ対策に豚肉の効果的な理由?どの部位が有効?どんなレシピが良い!?

あまりの暑さに体がついていけない・・・。
夏バテで調子を落とさないためにも、夏バテ対策に効果的な食材である『豚肉』で夏バテ対策をおすすめします。

豚肉は夏バテ対策に効果的な食材の1つとして知られているますが、実際にはどういった働きがあるのか?
また、豚肉と言っても色々な部位に切り分けられますが、どの部位が夏バテ対策に役立つのか、というのも気になる点ですね。
さらに、夏にもぴったりな、おいしくいただける豚肉を使ったレシピについても紹介していきます。

スポンサードリンク

夏バテに豚肉の効果とは?

まず、夏バテに豚肉の効果ですが、これが主にビタミンB群の作用が大きく関係していると言われています。

夏バテ対策に重要な栄養素の1つが、ビタミンB1です。
この栄養素は炭水化物をブドウ糖に分解し、エネルギーに変換する際に必要不可欠なものになります。
つまりビタミンB1が不足するとエネルギーを作りだすのが難しくなり、疲れやすくなってしまうため、夏バテも起こりやすくなるのです。

豚肉には、そんなビタミンB1がたっぷりと含まれています。
汗などで失われてしまいがちなビタミンB1を、豚肉で効率よく補給していくことで、夏バテの症状を緩和していけるというわけですね。

それから、豚肉にはほかにもカリウムや鉄分、リンなどの栄養素が含まれています。
カリウムは身体の中の余分な水分や塩分を排出してくれますし、鉄分は血液を作るうえで重要な栄養素となっています。
これらも働きかけて、体を健やかな状態に整え、夏バテに負けない体づくりに役立ってくれるということです。

さらに豚肉は、消化・吸収されやすいという特徴も持ち合わせています。
そのため、夏の疲れた胃腸にも速やかに吸収されて、栄養を補給しやすいという点でも夏バテに効果的な食材として注目されているのです。

夏バテに豚肉☆部位は?

豚肉にも、バラ肉やヒレ肉など様々な部位がありますね。
では夏バテに豚肉の部位で最も効果的なのはどこなのでしょうか?

豚肉が夏バテに効果を発揮すると言われる理由はビタミンB1が含まれているというのが大きなポイントですよね。
そのため、このビタミンB1が多く含まれる部位を摂取することこそが、夏バテ解消の重要なカギを握っていると言えます。

スポンサードリンク

そこで豚肉の中で、最もビタミンB1を多く含んでいる部位はどこなのかチェックしてみると、これはヒレ肉の部分であることが分かりました。
ヒレ肉は脂肪も少なく、ダイエット中の方でも食べやすいのも嬉しいですよね。
しかも柔らかいのも魅力的なポイントです。

もも肉、ロース、肩肉などにもビタミンB1は含まれていますが、効率良く摂取していくならヒレ肉です。
やや高級な部位ではありますが、夏バテの症状に悩まされている方は奮発してみましょう!

夏バテ☆豚肉のレシピで解決!

豚肉には様々なお料理がありますので、レシピにも困らないでしょう。
ですが、これはちょっとした工夫次第で夏バテを解消する効果を高めることができるので、要チェックです。

夏バテに豚肉のレシピで解決を目指したいというのであれば、まず組み合わせを考えていきましょう。
豚肉で夏バテに効果的な栄養成分、ビタミンB1ですが、この栄養素を効率よく摂取するためには、アリシンやクエン酸といった成分を同時に取り入れるのがおすすめです。

アリシンはニンニクやニラなどに含まれていますので、豚肉をこれらと共に炒めることで、スタミナ料理に仕上がりますね。
ニンニクやニラには食欲増進効果がありますので、その点でも夏バテ対策にぴったりです。

それから梅、酢などの食材にはクエン酸が含まれます。
これらを使って傷めたり、煮たり、冷しゃぶを作ってドレッシングにしたりといった使い方をしてみるのも良いでしょう。

さらに、夏バテに効果的で栄養価の高い夏野菜の1つに、ゴーヤがあります。
このゴーヤを豚肉と炒め、ゴーヤチャンプルーを作ってみるのも1つの方法です。
ゴーヤチャンプルーなら他にも色々な野菜を加えるので、一品で栄養満点のレシピに仕上がりますね!

まとめ

夏バテに豚肉の効果が優れていると言われているのは、主にビタミンB1という栄養素が働きかけてくれるためです。
美味しくて食欲アップにも役立つ豚肉。
夏の食卓には、特に積極的に出していきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です