一人暮らしの冷蔵庫☆サイズはどのくらい?安いもので良い?中古は?

49888499_480x500

春には心機一転、一人暮らしを始める!という方も多いでしょう。
そんな時に特に心配になってしまうのが、どんな家電を揃えれば良いのかというところですよね。
特に生活の必需品とも言える家電の1つが、冷蔵庫。
安い買い物ではないので、失敗したくないものです。

では、一人暮らしの冷蔵庫のサイズは、どの程度が良いのでしょうか?
また、安い価格で揃えたい、中古でも購入可能なのかなど、気になる点は多々あります。
そこで、そんな一人暮らしのための冷蔵庫選びのコツを紹介しましょう。

スポンサードリンク

一人暮らし☆冷蔵庫のサイズは?

まず、一人暮らしに必要となる冷蔵庫のサイズですが、その人の暮らし方によって変わってきます。
一人暮らしの冷蔵庫のサイズと一概に言っても、例えば毎日自炊する人とそうでない人とでは、必要性が違いますよね。

例えば自炊する機会が多い人の場合には、170L以上のサイズを選んでおくと便利です。
野菜や肉、魚などの生鮮食品を保存する機会も多いでしょうから、それなりの大きさのあるものを選んでおかないと、不便を感じてしまうでしょう。

ですが自炊をする機会が少ない人からすれば、大きな冷蔵庫は邪魔なだけで、電気代も高くなるし、困りものですよね。
そこで、自炊をする機会のない方は、130~140L程度の小型のものを選んでおきましょう。
自炊をしない方の場合、注目したいのは冷蔵室よりも冷凍室の大きさです。
冷凍食品などをストックしやすいよう、やや収納力のある冷凍庫にこだわった冷蔵庫を選んでおきたいですね。

一人暮らし用という特集のコーナーに、こういったサイズのものが販売されていますので、よく確認しておきましょう。
自炊をする気が無くても、必要に迫られて自炊することになるケースもありますし、逆に自炊を頑張るつもりでいたのに、三日坊主になってしまうということもあります。
そのため、どのサイズが最適かというのは一概には言えませんが、大は小を兼ねるということで、170L程度を選んでおくのが無難だと言えますね。
この程度のサイズを選べば、もし自宅に友人が来て鍋パーティーを開く、なんてことになっても、ジュースや食材を入れておきやすいですね。

一人暮らしの冷蔵庫☆安いものでOK?

一人暮らしの冷蔵庫は安いものを選びたい、というのが大きな方が抱える本音でしょう。
ですが、安さだけで選んで後々後悔することになっても困ります。

安いものを選ぶのであれば、例えばメーカーの商品が型落ちになるタイミングを狙ってみると良いでしょう。
三菱やパナソニック、シャープなどの冷蔵庫は、信頼できるメーカーですし、安心感がありますね。
これらのメーカーの冷蔵庫は、11月頃にモデルチェンジするので、その前になると価格が下がる可能性があります。
特に9月~10月頃が狙い目ですね。

スポンサードリンク

また、ネットで購入すれば安売りのショップもあります。
こまめにチェックして、お買い得なものを見つけましょう。
ただし、配送料金などで高くついてしまう恐れもあるので注意が必要です。

また、もしメーカーなどにこだわらずに安いものを手に入れたいという場合には、チェックしておくべきポイントがあります。
それが、騒音です。
マンションなどでの一人暮らしでは、隣近所との騒音トラブルも可能性がゼロではありません。

安いものを購入して音がうるさくて使えない、なんてことにならないように、そういった点は事前によく確認してから買いましょう。
価格だけで選んで大失敗で、すぐに買い替えなければならないとなると、結局損ですね。

メーカーのものでも、安売りで購入すれば35,000円~40,000円程度で買えることがあります。
これなら予算に収まるという方も多いでしょう。

一人暮らしの冷蔵庫☆中古は?

中には一人暮らしを始めて、すぐに何らかの事情で実家に帰ることになり、冷蔵庫も不要になった・・・なんて方もいらっしゃいます。
そういった方は、リサイクルショップなどに冷蔵庫や洗濯機等、一人暮らしで使っていた家電を売っていたりしますよね。
そのような中古品は、破格とも言える価格帯のものもあり、汚れなど気にしない人であればお買い得です。
確かに、中には比較的キレイな状態のものなどもあり、時には良いお買い物ができることもありますね。

ですが、一人暮らしの冷蔵庫を中古で購入する場合には、注意しなければならない点もあります。
例えば修理が必要かどうか。
中には修理しなければ使用できないというものもあり、結局、修理代が高くつくケースもあるのです。

それから、あまりにも年式が古いものだと、部品が揃わない可能性もあります。
メーカーが次々に新商品を発売する今の時代、5~6年前の商品でも、部品が無いということはあり得るのです。

また、リサイクルショップなどではこういった家電に保証があることは少なく、もし短期間で壊れたら、ただの無駄遣いになってしまいます。
結局はメーカー保証付きの新品の冷蔵庫を購入した方がお得になる可能性が高いということです。

「エコだから」「リーズナブルだから」「短期間しか使う予定がないから」といった理由で、中古を選ぶのも1つの方法でしょう。
ですが、特にこういった考えが無く、「保証付きで安心で、自分専用だから気持ちが良い」という視点で考えるなら、新品の冷蔵庫にするべきだと言えますね。

まとめ

一人暮らしの冷蔵庫のサイズは基本的に170L程度。
この基準を知っているだけで、冷蔵庫選びがグンと楽になるでしょう。
安いものを購入すれば良いというわけではないので、メーカーや保障、快適に使用できるかどうかなどもよく考えたうえで、賢い買い物をしたいところですね。

冷蔵庫を含め、家電に関しては全般的に、安かろう悪かろうではダメです。
中古などは特に注意が必要なので、じっくり比較検討して、失敗のない家電をセレクトしましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です